FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しい作品


書展が始まって、早いもので3週間になります。幼稚園のママ友や、書道の先生、親戚、そしてお店の常連のお客様。たくさんの方に見て頂いています。嬉しい限りです。
折り返しの今日、初日に間に合わなかった作品を納品してきました。
イラストレーター畑佳孝さんの詩「いつまでも」です。
itumademo



「いつまでも」畑佳孝

あくしゅをありがとう
勇気と元気と優しい気持ちを
ありがとう

家族の手
葉っぱの手
みんなの手
心の手

あくしゅをありがとう
安心をありがとう

僕は生きるよ
大好きなみんなが住む
地球と一緒になる
その日まで



私がこの詩に出会ったのは2007年。
畑さんはこの年の3月に脊髄腫瘍で亡くなられました。享年30歳。当時私は31歳。まさに同年代。
彼には一度もお会いしたことはありません。彼の事は何も知りません。でもこの詩と出会うことが出来ました。

生きてるって当たり前じゃない。
元気に朝を迎えるって当たり前じゃない。
その後私は2人の娘の母となりました。
生きている意味、生きているありがたさを彼女達に伝えていかなければなりません。当たり前じゃない。ということを。

今回の作品展にあたり、どうしてもこの詩を書きたいと思い、ご両親のご了解を頂きました。
そして、
「一度しかない人生、一生懸命に生きて下さい。」
とのお言葉も頂きました。

娘達が大人になった時、母ちゃんは頑張ってたなぁ、母ちゃんは一生懸命やったなぁ、と思ってもらえるよう、私自身もそう思えるように生きて行きたい。

文字にして発表することを許して下さった畑佳孝さんのご両親に、心から感謝いたします。
そして、この詩に出会わせて下さった、童画家 徳昭治さんにも心から感謝いたします。

あくしゅをありがとう

この詩を見て下さった皆様の心にも、何かが届きますように。

スポンサーサイト
[ 2013/07/13 00:17 ] 書のこと | TB(-) | CM(2)
makiさま。
コメントありがとう。
H君は、マキさんの中でずっと生き続けてる。きっと他の仲間の心にも。H君に恥ずかしくならんようにお互いちゃんと生きような!
[ 2013/07/17 00:28 ] [ 編集 ]
良い詩やね。
七月はもう亡くなったH君の誕生日がある月で・・・
H君が亡くなってから、生命についての想いが、私の中でより重いものになったな。

頑張ってる姿は励みになるわv-221
[ 2013/07/16 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。